2014年12月29日

10年目

おかげさまで、小説の仕事を始めてからこの秋で10年になりました。
Daria2004年秋号に掲載された「猫は犬が大キライ?!」が私の商業誌初掲載作です。

2004daria.jpg

手帳を処分してしまったので発売日がいつだったかわからなくなってしまいましたが、当時は季刊だったことと次号予告から推察するに、9月22日発売だったと思われます。
発売当時、10年後もこの仕事を続けていられたら10年目の記念日にブログで華々しく報告しよう!と思っていたのにすっかり書きそびれていました…

掲載されたときの喜びは昨日のことのようによく覚えています。
デビューできたことも嬉しかったのですが、何より自分の書いた話にイラストをつけてもらえたのが嬉しくて嬉しくて。
残念ながら、イラストを描いてくださった一之瀬綾子先生は2010年12月に永眠されました。
面識はありませんでしたが、私にとって一生忘れられない漫画家さんです。

この10年、たくさんの方々にお世話になりました。
初心を忘れずに、これからも頑張りたいと思います。

そして今年も一年間どうもありがとうございました!
皆さま良いお年をお迎えください。
posted by 神香うらら at 00:00| 雑記

2014年12月17日

幼なじみは魔界の王子

20141217.jpg

落ちこぼれランプの精のジアは、魔界の王子ラシードに求婚されて困っていた。年下の幼なじみと結婚なんて考えられない。ランプの精もクビ寸前のジアに与えられた最後のチャンスは、ランプを拾った人間・大地の願いを叶えること。傲岸不遜でどことなくラシードに似ている大地に命じられて家政婦として働き始めるが、男性恐怖症気味なのがばれてスキンシップの訓練を受けることに!?

表紙のジアが超絶可愛いです…!
ランプの精というとアラブ系なイメージですが、私の好みで金髪碧眼にしちゃいました。
そして今回は、今までで一番年齢差の大きい年下攻めです。
180歳×200歳で、なんと20歳差! …といっても魔界の住人は1000年生きる設定なので、人間でいうところの18歳×20歳な感じです。

ダリア文庫さんのサイトで一部お試し読みができます。
どうぞよろしくお願いいたします!
posted by 神香うらら at 00:00| お知らせ

2014年12月03日

新刊のお知らせ

いつのまにやら12月!
今年最後の新刊のお知らせです。

12月13日頃発売 「幼なじみは魔界の王子」
イラスト こうじま奈月先生 ダリア文庫


osananajimi.jpg

「魔界王子の強引な求婚」という仮タイトルで情報が出ているところもありますが、正式タイトルは「幼なじみは魔界の王子」となりました。
ダリア文庫さんでは初のファンタジー設定で、魔界の王子×落ちこぼれランプの精です。
先日ダリアさんのメルマガのQ&Aコーナーにも書いたのですが、実はこの設定、数年前にボツになったネタです。諦めきれずにストーリーを作り直して再提出し、このたびめでたくお披露目できることになりました。
最初に思いついたときから主人公のかわいこちゃんランプの精はぜひこうじま先生の絵で見てみたい!と思っていたので、念願かなってほんと嬉しいです。
ぜひぜひ、お手にとってみてください!
posted by 神香うらら at 00:00| お知らせ