2014年08月26日

重版のお知らせ

おかげさまで「狼さんはリミット寸前」重版していただけることになりました…!
花小蒔朔衣先生、担当さまをはじめ編集部の皆さま、そしてお買い上げくださった皆さまに感謝申し上げます。
本当にどうもありがとうございます!

最初の文庫が出てから9年、23冊目にして初めての重版です。
もう私には縁がないのかと半ば諦めかけておりました。
なので、本当に嬉しいです。
今まで各社の編集さんが少しでも売れるようにとあれこれ手を尽くしてくださったのに、なかなか結果を出すことができなくて申し訳なく思っていました。
方向性を見失い、何を書けばいいのかわからなくなって途方に暮れたこともありました。

今回の「狼さんはリミット寸前」は、私の萌えの原点である攻め主人公です。
投稿時代、初めて書いた話が攻め主人公の攻め視点でした。
けれど私の場合、攻め視点にすると攻めがへたれてしまうんですよ…。
批評でもその点を指摘され、けれど当時の私にはうまく修正することができなくて、結局攻め視点は諦めて封印していました。
あれからだいぶ経ってそれなりに経験を積み、今ならへたれをカバーできるのではないかと思い、長年心の片隅にあった設定を引っ張り出してきて書いたのが今回の「狼さん〜」です。
結果…まあそれなりにへたれてはいますが、昔よりはましになったのではないかと。
そんなわけで、商業初の攻め主人公の話を多くのかたに手にとっていただけて、感慨もひとしおです。

そしてもうひとつ。これはもう少しあとでお知らせしようと思っていたのですが、今年は雑誌に初めて掲載していただいた年からちょうど10年になるので、記念にサイトに投稿時代の未発表作をアップしようと考えていました。
それがまさに上に書いた初めて書いた攻め主人公の話≠ネのですよ。
今ちょっとばたばたしているので秋以降になるかと思いますが、ご興味のあるかたは覗いてみてください。
多分「狼さん〜」の雄大に通じるものがあるのではないかと。

重版分は9月2日頃から出まわるそうです。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!
posted by 神香うらら at 00:00| お知らせ