2015年04月13日

2005年4月13日

10年前の今日、初めての文庫「ご主人様にはナイショ」が発売になりました。

初めて自分の本を本屋さんで見たときの感動は今もよく覚えています。
どきどきしながら見に行くと、新刊コーナーの平台に積んでありました。
ぼーっと眺めていたら、私の隣に来た女性が同時発売の別の作家さんの本を迷わず二冊選んでレジに向かったことまでよく覚えています(笑)
「待って、私の本も、せめてあらすじだけでも見てみて…!」と心の中で訴えかけたのですが、そのかたは会計を終えると振り返ることなくお店から出て行ってしまいました。
そのとき、私のような無名の新人の本を手にとってもらうのは大変なことなんだなとしみじみ実感しました。

この10年、振り返ってみると、最初の五年はすごく長く感じて、あとの五年はあっというまに過ぎていった気がします。
実を言うと、2009年に五冊目が出るまでは、次の予定がまったく入っていなかったのですよ。なので毎回「これが最後の本になるかもしれない」と思いながら書いていました。
その後、ありがたいことに先の予定をいただけるようになったのですが、自分のペースがつかめなくてキャパシティ以上に詰め込んでしまったり、そのせいで多くの方々にご迷惑をおかけしてしまったり……いろいろ失敗を重ねてしまいました。
二年ほど前、もう書けないかもしれないと思ったこともあったのですが、予定を調整していただいてなんとか戻ってくることができました。

新人の頃、自分の作風はBLの王道だと思っていました。
が、やがて自分の作品がBL界のメインストリームにはほど遠いことに気づき……
これは本当に悩みました。読者さんのニーズに合ったものが書けない。そもそも読者さんのニーズがよくわからない。
相談した編集さんに、流行の設定を勧められたこともありました。実際チャレンジしてみたこともあったのですが、どうしても書けなくて挫折。
さんざん悩み抜いた結果、需要がある限りは自分の好きな路線を貫こうと腹をくくりました。
今でもそれでよかったのかどうか、正直自信がありません。
けどまあ、以前よりは肩の力を抜いて楽しめているように思います。

こうして10年目を迎えることができたのは、本当に読者の皆さまのおかげです。
たくさんの本の中から選んで読んでくださって、本当にありがとう。
今もまだ本屋さんで私の本を買っているお客さんを見たことがないのですが(笑)、新刊が発売になると「今夜あたり誰かが読んでくれてるかな?」と想像しています。
いっとき現実を忘れて、楽しい時間を過ごしてくださることを願いつつ。
posted by 神香うらら at 00:00| 雑記

2015年01月01日

2015年

あけましておめでとうございます!

新しい年を、皆さまどのようにお過ごしでしょうか?
私は寒さにやられて風邪を引き、ほぼ一日寝ておりました。
なんとか回復して、先ほど起きてきたところです(^_^;)

今年はまず2月に新刊が出る予定です。
同人活動は今のところ未定です……私の場合、時間と気持ちに余裕がないと同人活動まで手が回らないので、まずは仕事をきちんと進められるように頑張ります。

皆さまにとって素敵な一年となりますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 神香うらら at 00:00| 雑記

2014年12月29日

10年目

おかげさまで、小説の仕事を始めてからこの秋で10年になりました。
Daria2004年秋号に掲載された「猫は犬が大キライ?!」が私の商業誌初掲載作です。

2004daria.jpg

手帳を処分してしまったので発売日がいつだったかわからなくなってしまいましたが、当時は季刊だったことと次号予告から推察するに、9月22日発売だったと思われます。
発売当時、10年後もこの仕事を続けていられたら10年目の記念日にブログで華々しく報告しよう!と思っていたのにすっかり書きそびれていました…

掲載されたときの喜びは昨日のことのようによく覚えています。
デビューできたことも嬉しかったのですが、何より自分の書いた話にイラストをつけてもらえたのが嬉しくて嬉しくて。
残念ながら、イラストを描いてくださった一之瀬綾子先生は2010年12月に永眠されました。
面識はありませんでしたが、私にとって一生忘れられない漫画家さんです。

この10年、たくさんの方々にお世話になりました。
初心を忘れずに、これからも頑張りたいと思います。

そして今年も一年間どうもありがとうございました!
皆さま良いお年をお迎えください。
posted by 神香うらら at 00:00| 雑記

2014年09月08日

メッセージのお礼

前回の記事に拍手やメッセージどうもありがとうございました!
遅くなりましたが、お返事です。
続きを読む
posted by 神香うらら at 00:00| 雑記